一度浮気した男性は、浮気を繰り返しがちです。そんな男性とは、もう結婚(最近は婚期が遅くなっている傾向にあります。昔は女性は24歳を過ぎると・・・なんていいましたよね。)生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)を継続していけない。浮気は絶対許せないと言う方もいるでしょう。では、浮気が要因で離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)行う場合は何を準備すれねいいんでしょうか?性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) の不一致等で離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)行うことは離婚(一度成立した婚姻を解消することです)届けだけでいいのですが、浮気が要因で離婚(一度成立した婚姻を解消することです)行う事は、必ず“浮気していた証拠(最近は、鑑識や科学捜査をテーマにしたドラマも増えてきました)”を用意してください。その証拠(明確なものがみつからないことも多いものです)が確実な物であれば、旦那さんから慰謝料を貰える事になりますね。また、相手の女性にも慰謝料を請求することが出来るんです。ですから、もし、浮気が要因で離婚(一度成立した婚姻を解消することです)をかんがえているようでしたら、確実な証拠(男性の浮気などは、女性の第六感の方が正確に察知するかもしれませんね)を手に入れるまでは、我慢して結婚(最近は、格安で結婚式を挙げられるサービスもありますし、離婚式を行う夫婦もいるそうです)生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を続けた方がいいのかもしれないですね。この証拠(明確なものがみつからないことも多いものです)も、デートしている現場を押さえれば良いというわけではないんです。裁判所等で確実な証拠(明確なものがみつからないことも多いものです)として受理されるのは、ラブホテルに入って行く写真やビデオ映像と思いますよ。ラブホテルに入る現場を押さえるのが確実とは言え、ラブホテルではなくて普通のホテルや旅館に入った場合は、入って行く時の写真と出た時の写真(上手に撮るためには、それなりに技術が必要になります)を日付け入りで撮影しておいて下さい。2〜3時間一緒に滞在していたということがわかれば、立派な証拠となります。ホテルならねこれで良いのですが、密会するスペースが相手の自分の住まいといった場合は、1回だけではなく何回か彼が通っているといった証拠(疑わしきは?せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)が必要になってくるんです。例えば、彼の携帯(本体価格は意外と高いものですよね)電話やPCのメール(電子メール、eメールの略です)。二人で食事や遊びに行った領収書、または、2人で写った写真と言うものは、確実な証拠にはなりません。これらは状況証拠(疑わしきは?せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)として扱われることが多いので、注意しなけれねなりませんね。浮気の現場の証拠(男性の浮気などは、女性の第六感の方が正確に察知するかもしれませんね)を掴むには、それなりに努力が必要なのですが、慰謝料をもらう為と割り切ってみてください!結婚(人生の修行だという説もあります。最も修行になる相手とパートナーになるんだとか)生活をダメにした彼には、お金という形で償ってもらいましょうー